詩ぽい

姫蔓蕎麦

わたしはこの国に生まれ、この国に死ぬ。何とかかんとか息をする。押せば倒れる棒のように今日が最後でないよう、その日暮らしで生きている。

政治はわからん。経済もわからず、医学の知識も皆目無い。ただ自分と周りの人間のみの健康と無事を祈っている。

心して外に出る道すがら、足に咲く小さな花を避け、共に日の出を願っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA